旦那がまた朝帰り…慰謝料請求するにはどんな浮気の証拠が必要?

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラム夫・旦那の浮気旦那がまた朝帰り…慰謝料請求するにはどんな浮気の証拠が必要?

2016/09/29更新

旦那がまた朝帰り…慰謝料請求するにはどんな浮気の証拠が必要?

テーブルに置かれたグラス

旦那が明らかに浮気をしているため、離婚を切り出したいけれども、浮気の証拠があまりないために離婚を認めてもらえないかもしれない、離婚後の慰謝料ももらえないかもしれない。そのため離婚をなかなか切り出せないことありますよね。

ここでは離婚後に慰謝料を請求するために必要な、浮気の証拠について紹介します。朝帰りを繰り返す旦那から、しっかり搾り取れるような離婚を考えている人は、参考にしてください。

離婚で慰謝料を請求できる条件

まずは、どんな状況で離婚をすれば慰謝料を請求できるのかについて紹介します。

離婚の理由として、明らかに相手に非があるようなケースでは、相手に対して慰謝料を請求することができます。例えば相手の浮気がなければ問題なく結婚生活を続けられたのに、浮気によって精神的苦痛を与えられて、結婚生活を続けられなくなった。

これは十分な慰謝料を請求するための条件を満たしています。

DVやセックスレスなどもこのケースにあたります。ただし、相手がそれを認める必要があります。浮気していたとしてもその証拠もなく、相手が否定すれば浮気を理由として慰謝料の請求は難しくなります。

浮気が原因の離婚をした場合の慰謝料相場

浮気が原因で離婚をした場合、その慰謝料は100万〜300万円と言われています。

これだけの金額をもらえるのともらえないのとでは大きな違いですよね。そして慰謝料を高くするためには、やはり証拠が重要になります。どれだけ「私はこんなにも辛かった」と主張しても、どんなことがあったのか証明できなければ、裁判所といえども判断することができません。

ちなみに浮気の場合は、浮気相手にも慰謝料の請求をすることができますが、慰謝料の二重請求はできません。

200万円の慰謝料が認められたときに、旦那が100万円しか支払えないような場合に、残りの100万円を浮気相手からも請求することができます。2人に対して、合計200万円(認められた金額)の請求ができると覚えておきましょう。

慰謝料を請求できる浮気の証拠として使えるもの

慰謝料を請求するためには、下記のような証拠が有効になります。

  • 浮気があったことが推定できるLINEやメール
  • ホテルや浮気相手の部屋に入った写真
  • 浮気相手と一緒に旅行したことが証明できる領収書

基本的に、浮気として肉体関係があっとことを証明できることはほとんどありません。仮に旦那が浮気相手の部屋で寝泊まりしたとしても、「お酒を飲んでいただけ」や「相談に乗っていただけ」と言えば、肉体関係があったことを証明することができません。

ただし、ラブホテルや相手の部屋で2人きりで入った場合は「何もなかった」は通用しません。これは浮気の証拠として「十分な証拠」になります。

メールやLINE、領収書などは証拠としては不十分なのですが、それらが複数あるような場合、慰謝料の請求につなげられるかどうかが弁護士の腕の見せどころであったりします。

有能な弁護士は、弱い証拠をいくつも組み合わせることで慰謝料の発生する浮気を認めさせることができるのです。

証拠があっても慰謝料を請求できないケース

実はいくら証拠があっても慰謝料を請求できないケースがあります。

まず不貞行為の慰謝料請求は3年が時効になります。当時は「まあいいか」と思って請求しなかった慰謝料を、3年以上経過後に請求しようと思ってもそれは認められません。慰謝料はできるだけ離婚をするときに請求するようにしましょう。

婚姻関係が破綻しているケースも慰謝料を請求できません。

もっとも分かりやすいのが、不仲による別居を行っているケースです。離婚はできないけど一緒には暮らしたくない。そんな状態が何年も続いている場合、旦那が浮気をしてもそれは、慰謝料を請求することはできません。

セックスレスを婚姻関係が破綻していると主張する人もいますが、ほとんどのケースで、これだけでは婚姻関係が破綻しているとは認定されません。

長年の別居のように「明らかな破綻」でないかぎり、浮気をした旦那の主張が通ることはありませんのが、そのようなケースがあるということだけは頭に入れておきましょう。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ