浮気対策してないのってヤバい?浮気されない女がしてる浮気予防

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラム夫・旦那の浮気浮気対策してないのってヤバい?浮気されない女がしてる浮気予防

2016/09/13更新

浮気対策してないのってヤバい?浮気されない女がしてる浮気予防

旦那の胸ぐらを掴む妻

チャンスがあればすぐに浮気をするのが男です。浮気をされないようにしっかりと対策をしておかないと、簡単に他の女性と食事に出かけてしまいます。自分の彼や旦那だけは大丈夫なんて思っていると、後悔することにもなりかねません。

ここでは浮気されないために、女性が行っている浮気の予防方法について紹介します。彼や旦那が浮気できない環境を整えるための参考にしてください。

関連:浮気される女性の特徴はコレ!浮気されない女性になる方法

日頃から釘を刺す一言を伝えておく

まずは自分の態度として「浮気は絶対に認めない」というような言葉を、日頃からパートナーに伝えておくようにしましょう。

「浮気をする人って最低だと思う」
「浮気したら別れるよ」

このような意思や気持ちをしっかり伝えておきましょう。「バレなければ浮気してもいい」というような発言は、受け取る人によっては浮気予防の効果がありますが、人によっては浮気を誘発する可能性もあるので気をつけてください。

「浮気発覚=別れ」であることを繰り返し伝えることで、男性は浮気をしにくくなります。

それだけでなく、自分自身にも言い聞かせることになり、実際に浮気をされたときにあたふたせずに「別れる」と潔い判断をすることも可能になります。

浮気を絶対に認めないという強い気持ちを伝え続けることが、浮気予防のベースになります。

「胃袋をつかむ」は想像以上に効果的

彼や旦那の浮気を防止させた方法のひとつとして効果的なのが、パートナーの胃袋をつかむことです。そんなことで浮気されなくなるとは信じられない人もいますが、男性は思った以上に単純にできています。

一緒に美味しいものを楽しく一緒に食べられるパートナーというのは、男性にとって想像以上に大きな存在になります。実際に毎日一緒に食事をするようにして、浮気相手からパートナーを取り戻したという例も少なくありません。

胃袋をつかむためには、自分で料理をするようにしましょう。たまには外食で美味しいものを食べるのもいいですが、胃袋をつかむには自分にしか出せない味が理想です。

「この人と一緒にいたら美味しいご飯を食べられる」男性の本能にそう覚えさせることで、浮気をされる可能性がとても小さくなっていきます。

できることなら、一緒に食べるようにもしましょう。夫婦の場合は旦那さんの帰りがどんなに遅くなっても、帰ってくるのを待って、毎日一緒に食事をしてみましょう。

パートナーを束縛し過ぎない

浮気をさせないためには相手を束縛して、すべての行動を管理してしまえばいいのですが、この方法を選んで成功した例はほとんどありません。

むしろ束縛しすぎて別れにつながることのほうが多くなります。

束縛されることを嫌う男性は思った以上に大勢います。一緒にいない時間はパートナーが何をしていようが気にしない。それくらいの素振りを見せるようにしましょう。

男性だってそれほど愚かではありません。自由を与えてくれる女性に対して、簡単に裏切るような行為はそうそう行いません。

浮気をさせたくないという思いが強すぎて束縛をしてしまうと、パートナーの気持ちはどんどん離れていくのだと知っておきましょう。適度に放置しておくことが、浮気予防のポイントになります。

一緒に新しいことに挑戦する

結婚したり、恋愛期間が長くなったりするとその関係がマンネリ化してしまいます。マンネリ化は浮気のきっかけとして軽視できない原因のひとつです。

これを回避するために、新しいことに一緒に挑戦するようにしてみましょう。

例えば一緒にランニングを初めたり、一緒に山登りを始めたりしてください。ポイントはどちらも初めての経験で、お互いに協力しあって一緒に進んでいくということです。

そうすることで、男性はよそ見をしている暇がなくなります。一緒に行動することになりますので、恋愛感情とは別に仲間意識というのも高まります。ともに成長することで、お互いをかけがえのない存在とし、浮気どころではない環境を整えます。

できればインドアではなく、一緒に出かけることが必要な挑戦が理想です。2人で一緒に出かけることが増えることで、これまで以上に密接で浮気なんて考えられない関係を築くことが可能になります。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ