LINE(ライン)で浮気が発覚…それだけでは証拠不十分!

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラムその他浮気LINE(ライン)で浮気が発覚…それだけでは証拠不十分!

2016/10/14更新

LINE(ライン)で浮気が発覚…それだけでは証拠不十分!

LINE(ライン)で浮気がバレた…それだけでは証拠不十分です!

LINEで浮気が発覚!証拠としてLINEの履歴は使えるの?

LINE(ライン)といえば、今、大人気の無料コミュニケーションアプリです。無料で通話やチャットが楽しめるので、利用者も急増中。他にも同じようなコミュニケーションアプリはありますが、利用しやすさもあってLINEの利用者は他と比べて桁違いの多さなのです。

ユーザー数がダントツに多いLINEだからこそ、「なんとなく覗いた夫(妻)のLINEの履歴で浮気が発覚した!」なんていうこともあるのではないでしょうか。浮気が発覚するきっかけとなったLINE。また同じようにメッセージのやりとりができるメール。果たしてこれらが実際に調停や裁判の際に証拠として使えるのかどうか、気になりませんか?

LINEやメールの履歴は「確固たる不貞の証拠」になりません

単刀直入にいうと答えは「NO」です。これにはちょっと驚きますよね。夫婦どちらかの浮気によって離婚をする場合、すんなり相手が浮気を認めて協議離婚となれば一番簡単ですし、もちろん証拠の有無は特に問題にはなり
ません。

ただし夫婦の話し合いで問題が解決しない場合は調停や裁判によって離婚するかどうかを決めることになります。また慰謝料、財産分与、養育費、親権などについてもど決定していかなければなりません。このような調停離婚や裁判離婚の際、非常に重要になるのが「確固たる不貞の証拠」なのです。しかし残念ながらLINEやメールの履歴は「確固たる不貞の証拠」にはならないとされています。

例えLINEのチャットでデートの約束をしていても、愛をささやき合っていても、ホテルに行った事実を書いていても、残念ながら証拠としては使えないのです。画像や映像と違い、LINEやメールの場合は不貞行為そのものを直接見て確認することができません。「大人数で遊びに行った」「相手に付き合って返信しただけ」「冗談で書いていた」というような言い逃れができるうえ、もし浮気をされた側が有利な条件で離婚したい場合に操作して偽装する可能性があるというのが理由なのです。

「浮気の事実を認めさせるための証拠」

調停や裁判の際に浮気の証拠としては不十分なLINEやメールのやりとり。ただし相手に「浮気の事実を認めさせるための証拠」として使うことはできます。「浮気をしているんじゃないか?」とパートナーから追求されたとき、最初はほとんどの人が浮気を否定するのではないでしょうか。証拠がないのであればシラを切って逃げようとするでしょう。そこでLINEやメールの履歴を見せて追求してみます。そうした場合、証拠を突きつけられたことで観念し、あっさり浮気を認めてしまうケースも多いのです。

離婚をする場合、誰しも余計な手間を省いてできるだけスムーズに手続きを進めたいと思うのではないでしょうか。相手がすんなり浮気を認めた場合は、最も手間の少ない協議離婚が成立するケースが多いと言われています。ですから、LINEやメールを証拠に相手を問い詰めて浮気を認めさせることができれば、問題解決までスムーズかつ有利に進めることができるでしょう。

もし協議離婚ができなかった場合、家庭裁判所を利用する離婚調停によって第三者を交えた話し合いを行います。さらに調停でも進展がない場合には裁判によって問題を解決することになります。そうなると時間や金銭面などの負担はかなり大きくなってくるのです。

参考:浮気の証拠集め!離婚と復縁で使える証拠3つとダメな6つ

LINEやメールで浮気を見つけた場合は探偵に相談しましょう

調停や裁判の判定にあまり力を発揮しないLINEやメールの履歴も、浮気をされた側にとっては、もはや揺るぎない浮気の証拠となるでしょう。浮気をしていることがバレバレなLINEやメールの履歴を見つけた場合、それを浮気の証拠として相手を問い詰め、浮気の事実を認めさせるのもひとつの手段ですが、実はもうひとつ方法があります。

それは探偵事務所に依頼して「確固たる不貞の証拠」をしっかりと集める、という方法です。これが最も確実で手間の少ない手段と言えるのではないでしょうか。「確固たる不貞の証拠」というのは、例えばホテルを出入りしているところや不貞行為の写真・動画です。もちろん、自分で尾行して証拠となる写真などを撮影してもいいのですが、現実的に考えてそう簡単なことでないことは明らかです。しかも浮気をされたということで精神的にも参っているでしょうから、その状態で証拠を集めるのはかなり困難なことだと想像できます。

まずはLINEやメールのやりとりを自分のアドレスに転送したり、画面をそのまま撮影してたりしてしっかりと保管し、探偵に相談してみましょう。プロの探偵はこれまでにも浮気調査を繰り返し行っていますから、尾行や張り込みなどの浮気調査で有力な証拠を集めてくれるはずです。ただし、探偵に依頼するための情報を集める段階で、不正アクセスなど違法なルートで集めた場合には証拠の効力を失うだけでなく名誉毀損で罪に問われる可能性があるので要注意ですよ。

探偵の力を借りて証拠を集めることができれば、調停や裁判でも相手の浮気を主張することができます。これで離婚における諸条件の協議などを有利に進めることができますね。今は無料相談を受け付けている探偵事務所も多いので、まずは一度相談してみるのがいいかもしれません。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ