どこからが浮気!?嫁の浮気、法的な証拠を集めるために…

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラム妻・嫁の浮気どこからが浮気!?嫁の浮気、法的な証拠を集めるために…

2016/09/29更新

どこからが浮気!?嫁の浮気、法的な証拠を集めるために…

どこからが浮気!?嫁の浮気、法的な証拠を集めるために…

今は女性も浮気をする時代

一昔前は「浮気」は男性がするものとされていて、旦那の浮気の一度や二度は目をつぶるのが当たり前、という時代でした。しかし今は女性もパートナー以外の男性と恋愛をする時代になっているのです。このような風潮に移り変わったのには、幼少期よりずっと男女平等の教育を受けてきたことや、女性の社会進出が背景にあるのではないでしょうか。

「相手が浮気をしているかもしれないんです・・・」今はこんな悩みを旦那側が抱いているケースが少なくないかもしれませんね。では、そもそもどこからが浮気なのでしょう。浮気の境界線についての議論はテレビや雑誌、世間話などいろいろなところでされているので、誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

嫁の浮気の境界線「嘘をついて男性と遊びに行く」

嫁が旦那以外の男性と遊びに行くこと自体を浮気と思う男性は少ないようです。男友達を一切の恋愛感情をもたずに友達として見る女性が増えているため、趣味や考え方が合えば旦那以外の男性とも遊びに出かけるケースも多くなっています。ですから、妻が自分以外の男性と遊びに行くことを許す男性は多いようです。

ここで問題なのが「嘘をついて遊びに行く」というところ。旦那に対してやましい気持ちがなければ、誰とどこに遊びに行くのかを伝えることはまったく問題ないでしょう。嘘をつくということは、パートナーとの信頼関係を崩すというリスクがあります。そのリスクを背負ってまで遊びに行くということであれば、それなりに深い関係になっている男性がいると疑うのは当たり前のことではないでしょうか。嫁が嘘をついて男性と遊びに行くことを浮気だと考える男性は少なくないでしょう。

嫁の浮気の境界線「キスをする、過度に触れ合う」

精神的な関係性よりも肉体的な関係性に怒りを覚える男性にとって、キスをしたり必要以上に触れ合うことは、すでに浮気の域。海外では友達同士でもハグをしたりキスをしたりする習慣がありますが、国際社会とはいえ、日本にその習慣が浸透しているとはいえません。もちろん多くの人がソフレやキスフレも浮気だと考えていると思います。

また、ボディータッチをするということ自体、相手を気に入っている場合であり誘惑をしている証拠とも取れますから、いくら「とても仲のいい友人関係」「幼馴染で家族のような関係」と言い張っても旦那側から見たらいい気分ではないですし、これらの行為を浮気と判断する人はかなり多くいるでしょう。

法律が認める「浮気」とは?

法律上、夫婦には「貞操を守る義務」があります。要するに浮気をしてはいけないということですね。義務に反し、自分の意思で異性と肉体関係を持つことを法律では「不貞行為」と表現します。例えば旦那側が離婚を訴えられる条件として、民法770条1項1号に『配偶者に不貞な行為があったとき』とあります。法律上の不貞行為はSEXをする関係であることとされているため、例えば頻繁にデートしていたりキスしたりしているだけでは不貞行為には該当しません。嫁が浮気相手と精神的に非常に強く結ばれており、愛情をもっていても、肉体関係がない場合には不貞行為と認められないので、残念ながらすぐに離婚を訴えることはできないのです。

調停や裁判で使える証拠を集める

前述のような、もはや浮気確実とも思える行動以外にも、「男性の家に遊びに行く」「メールを一日何度もする男性がいる」「特に何かのお礼というわけではないのに高価なプレゼントをする」など、個人差はあれど浮気を疑ってしまう相手の行動はいくつかあるでしょう。肉体関係の有無は確認できなくとも、「どうやら嫁に好きな人がいるようだ」という不安が出てきたら、まずは探偵事務所に相談しましょう。いうまでもなく、旦那側の「なんとなく」「もしかすると」といった予感で嫁の浮気を問い詰めるのは非常に危険です。

もともと男性の浮気と比べて女性の浮気はばれにくいといわれています。つじつまの合うような嘘、しっかりと証拠隠滅する隙のなさ、また話し合いになったときの会話術などは、女性の方が長けているといわれているからです。

まだ証拠がない状態で浮気を追及したらどうでしょう。もし頭に血が上って罵倒したり手を出したりして、浮気をしている嫁側から訴えられでもしたら本末転倒です。まずは冷静に、調停や裁判で使える証拠を集めましょう。証拠集めの手段としては、嫁の行動を探偵に調査してもらうのが最善の選択だと思います。法的に有効な証拠となるのは、不貞行為を行っていることが確認できる写真や動画などです。調停や判決では「不貞行為をしたかどうか」が確実にわかる証拠以外はあまり効力がありません。

ですからビジネスホテルやシティホテルに3時間程度滞在しただけの場合、「話し合いをしていた」というような言い逃れができるため、浮気の証拠としては力が弱いと考えられます。これが滞在ではなく宿泊であったりラブホテルであったりした場合には、不貞行為と判定される場合がほとんどでしょう。もし、妻と浮気相手がラブホテルに入るところを見たとします。そこで数時間、もしかすると10時間以上も張り込みをすることが素人にできるでしょうか。張り込むだけでなく、いつでも写真や動画が撮影できる状態をキープし、さらに周囲から怪しげに見えないように張り込むのです。どう考えても難しそうですよね。

男性は「浮気をされてしまった」ということでプライドが大きく傷ついた場合、それを他人に話すことを躊躇するケースが多いように思います。ただ、浮気調査だけをして日々を過ごすことができる人は少ないでしょう。仕事などの合間に自力で証拠集めをするのは体力面、精神面ともに大きな負担となります。探偵なら、浮気調査のプロですから守秘義務を守りながら助けてくれるでしょう。パートナーの浮気が心配なら、探偵事務所に依頼するのがおすすめです。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ