許せない!不倫・浮気相手から慰謝料を取りたい

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラム探偵の浮気調査許せない!不倫・浮気相手から慰謝料を取りたい

2017/03/24更新

許せない!不倫・浮気相手から慰謝料を取りたい

不倫相手

「パートナーが浮気をしていた…」パートナーの浮気を知ったあなたが、自分を裏切ったパートナーだけでなく、精神的屈辱を受けた浮気相手に対して絶対に許せないと思うのは当然のことでしょう。

パートナーの浮気はあなたを大きく傷つけるだけでなく、時に家族をバラバラにし、幸せな生活をぶち壊しにしてしまうこともあります。そんなとき、ショックや怒りを少しでも解消して、これから新たな一歩を踏み出すために、浮気相手からも慰謝料を取りたいと考える人は少なくありません。

しかし、やり方を間違えると十分な慰謝料が取れないばかりか、あなたがさらに精神的苦痛を受けてしまうこともあるので、少し慎重になる必要があるということをまずは頭に入れましょう。

パートナーの浮気相手に慰謝料を請求するのは可能か?

パートナーが浮気をしたとき、あなたはパートナーだけでなく浮気相手にも精神的苦痛に対する慰謝料として損害賠償を請求することができます。

浮気相手は不貞行為によって第三者であるあなたに大きな精神的苦痛を与え、家庭を崩壊させてしまったのですから、その責任を取る必要があるのは当然のことだと言えるでしょう。

しかし…浮気相手が慰謝料請求にすんなり応じてくれるでしょうか?そして、請求した金額をすんなり支払ってくれるでしょうか?ここが浮気相手への慰謝料請求の際に一番難しいところなのです。

浮気相手に慰謝料を請求して失敗するケース

自分で浮気の証拠を集める

自分でパートナーの浮気の証拠を集めるという人は案外多いようですが、これは失敗しやすいケースのひとつなので注意が必要です。浮気の証拠集めというと、誰でもスマホや携帯電話のチェック、財布・車などのチェックを思いつくことでしょう。

しかし、浮気真っ最中の人が浮気が推測されるようなメッセージや着信をそのままにしておくでしょうか?そもそも簡単にスマホや携帯を触らせてくれるでしょうか?

実は仮に浮気が推測できるメールのやりとりを見つけたとしても、メールやSNSの内容は証拠能力が低いと言われていますから、恐らくそれだけでは裁判等であなたの思うような結果は出せないかもしれません。

しかも、パートナーだけでなく浮気相手にも浮気の事実を認めさせて慰謝料を請求したいのであれば、浮気相手がしっかりと特定できる証拠が必要になってきます。その証拠がなければ、あなたが気相手に対して慰謝料請求をしても支払ってくれる可能性は低くなるでしょう。

浮気相手の家に押し掛けたり強迫したりは絶対NG

浮気をされてカッとなってしまい後のことを考えず、浮気相手の自宅や会社に押し掛けたり、嫌がらせや脅迫めいたことをしたりする人もいるようですが、これは違法性が高いうえ、慰謝料請求等においてマイナス要素になってしまいます。

場合によっては慰謝料どころか逆に損害賠償請求をされてしまうこともあるので、探偵なり弁護士なり、その道のプロを間に入れて冷静に対応してもらった方がスムーズかつ有利に問題解決できるはずです。

慰謝料請求は証拠集めが大事

証拠能力が高く、なおかつ浮気相手が特定できる証拠はズバリ「肉体関係があったことがわかる証拠写真」です。ただし、パートナーと浮気相手が実際に肉体関係をもっている現場の写真でなくても大丈夫。

例えばラブホテルから一緒に出てきた写真や浮気相手の自宅に2人で入っていく写真などであっても証拠として十分なのですが、一つ注意しておきたいのが1度だけでなく、最低でも2度は浮気現場を押さえないといけないということです。

1度だって難しい証拠写真を、2度以上押さえるとなると、素人にはかなり難しいことだと容易に想像できるでしょう。

浮気の証拠を集めるプロと言えば探偵ですが、「探偵に依頼するのはハードルが高い」と思っている人も多いと思います。探偵を依頼する機会はそんなに多くありませんから、抵抗があるのも当然のことかもしれません。

しかし、浮気相手からも慰謝料を取りたいと考えているのであれば、探偵に浮気調査を依頼してパートナーも浮気相手も言い逃れができない証拠を押さえることが、最善策と言えるでしょう。

数多くの浮気調査をしてきている探偵なら、証拠集めのみならず慰謝料請求に関するアドバイスを含め、あなたをしっかりとサポートしてくれることでしょう。問題を長引かせず、短時間に解決することにも繋がりますから、あなたの精神的負担も小さくて済むのではないでしょうか。

提携する弁護士を紹介してくれる探偵事務所も多いので、弁護士への相談にも困ることはないでしょう。

探偵の浮気調査後、浮気相手に慰謝料を請求した事例

探偵に浮気調査を依頼して証拠を集めれば、浮気相手から慰謝料を請求することも可能です。

浮気相手に慰謝料請求ができました

S子さん(40代前半)は夫が、同じ職場で以前働いていた年下女性とすでに2年以上も不倫していることを、探偵の浮気調査で知りました。兆候はあったものの、事実を突きつけられて大きなショックを受け、一時はうつ状態になるまでに。

しかし、子供がまだ小学生だったことや、生活費の問題もあり離婚はしないことにしましたが、S子さんは浮気相手の女性に対して慰謝料請求をすることにしました。

「夫婦の関係を完全に修復するためにはまだ時間がかかりそうですが、探偵に依頼していなかったら証拠も取れず、慰謝料を取ることもできなかったので、依頼して良かったと思います。」とS子さんは語っています。

慰謝料請求だけでなく弁護士の紹介も

「探偵に浮気調査を依頼して良かったです。浮気されたのは辛かったですが、慰謝料も取れましたし、弁護士の紹介などいろいろとお世話になりました。」と話すT夫さん(30代後半)は、1年前、元妻の浮気調査を探偵に依頼しました。

パートを始めてから、怪しい行動が目立った元妻でしたが、探偵の浮気調査の結果、パート先の社員でバツイチの男性と不倫していることがわかりました。

T夫さんは許すことができず、元妻だけでなく浮気相手の男性にも慰謝料請求をして離婚することにしたのです。離婚請求や慰謝料請求の際は、探偵社と提携する弁護士を紹介してもらったそうです。

おすすめできる探偵事務所

あなたを深く傷つけた浮気相手のとった行動は、決して許されるべきではありません。「気持ちの整理をつけるため、また浮気相手に罪滅ぼしをさせるために慰謝料を請求したい」と思っている人に力添えしてくれる頼れる探偵事務所や探偵コンシェルジュサービスをご紹介します。

現実に悪徳業者と呼ばれる探偵事務所が存在していたり、“経歴が浅い”“体制が万全でない”といった理由からおすすめできない事務所もあったりと、実はご紹介できる探偵事務所というのはそれほど多くはありませんが、全国500社近い探偵事務所を紹介している日本最大級のサイトを運営する当社が選んだ3社です。

どちらも相談や見積りは無料ですから、浮気相手への慰謝料請求について相談してみてはいかがでしょうか。必ず力になってくれると思います。

成功報酬のHAL探偵社

HAL探偵社HAL探偵社が出す調査報告書の証拠能力の高さは、弁護士からも推奨されていますから、離婚を考えている人だけでなく、浮気相手に慰謝料請求したいと考えている人にとっても強い味方となってくれることでしょう。また、調査開始から最短3営業日で調査報告書を作成してくれることも、依頼者にとっては大きなメリットになるはずです。相談無料、初期費用無料、完全成功報酬の後払い制という点もメリットですね。サイトにあるシミュレーターなら匿名で利用することもできますよ。

調査力の原一探偵事務所

原一探偵事務所原一探偵事務所は調査力が高く評価されている探偵事務所です。浮気の裁判や慰謝料請求になくてはならない調査報告書においても、その質の高さが弁護士からも推薦されているほど。もちろん浮気相手に慰謝料を請求したい場合にも有利となる証拠を集めてくれるでしょう。場合に応じて弁護士の紹介などもしてくれますから、問題解決に向けて最後まで力になってくれると思います。相談や見積りは無料なので、悩んでいるのであれば一度相談してみてもいいかもしれませんね。

比較の街角探偵相談所

街角探偵相談所探偵事務所を個別に探して相談したいということであれば、HAL探偵社や原一探偵事務祖をおすすめしますが、もう少し複数の探偵事務所を比較検討したいというのであれば街角探偵相談所がおすすめです。浮気調査を依頼する際、見積りを何社から取っても問題はありませんから、個別の見積りとは別に、こちらでもいくつか見積りを取ってみるのもいいでしょう。専属のカウンセラー1人とやり取りするだけで複数社から見積りがとれますし、定価の20~40%ほど安い料金で見積りを出してもらえる点もメリットです。