浮気が許せないなら裁判にも有効な探偵の証拠で冷静に仕返し

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラムその他浮気浮気が許せないなら裁判にも有効な探偵の証拠で冷静に仕返し

2016/09/29更新

浮気が許せないなら裁判にも有効な探偵の証拠で冷静に仕返し

浮気現場の証拠写真

浮気をされたときの心境

パートナーに浮気をされた時、浮気をされた側の心境というのは決して穏やかではありません。パートナーやその浮気相手に対して怒りが爆発する方も多いのではないでしょうか?そして爆発した時、パートナーや浮気相手に対して責めたて別れさせたりする場合も多いのではないでしょうか?よくドラマなどでもありますが、浮気を知った時に浮気相手に対してメールや電話を行い、関係を断ち切るように電話をするという方もいるかもしれません。

確かに信頼していたパートナーの浮気というのはとても辛いものです。自分以外の相手と関係を持っていたことに関しても辛いですが、何よりも裏切られたという気持ちが大きいのではないでしょうか。そしてその裏切られた悲しい気持ちを抑えきれずに、相手を責めたてる気持ちもよくわかります。

ですがちょっと待ってみましょう。実は相手が浮気をしていた時こそ、自分は冷静になるべきなのです。そうすることにより、これからの自分の行動や立場が大きく変わってくるのです。もし離婚に至った場合や慰謝料請求をする場合、冷静に行動することにより自分を確実に有利な立場にすることができるのです。

冷静になって次の行動を考える

浮気をされたときにパートナーや浮気相手を攻めたい気持ちはよくわかります。ですがこの時にまずワンクッションを置くようにしましょう。

まず自分が浮気をされている事実を知った時、パートナーの浮気相手のことなどを調べてみましょう。例えばどのような関係で浮気に発展したのか、浮気相手の住所、勤務先、家族構成などそういった事を知っておくことで大変有利に働く場合があります。自ら調べる方法もありますが、難しい場合は素性調査という名目で探偵に依頼する事もできます。

そして相手の情報を獲得できたのであれば、次に行うのは仕返しです。自分に対して不義理を働いたパートナーとその浮気相手に対してしっかりと罪の意識をもってもらい反省してもらうのです。

仕返しをするには探偵を利用しよう

ではどのように仕返しをするのかというと一番は探偵を利用する方法がおすすめです。これは探偵に浮気調査を依頼して確実な証拠を掴んでもらうという事です。そのためには浮気を知った時に相手を真っ先に攻めるのではなく、相手を泳がせて、浮気をしている確実な現場を掴む必要があります。確実な現場というのは、例えばホテルから二人で出てきている所であったり、相手の家に行っている所というものです。そういった所を写真や動画で抑えた場合、それは不貞行為とみなされ慰謝料請求や離婚裁判になった時に大変有利に働くのです。

またパートナーの浮気の期間が長ければ長いほど慰謝料の金額が増額する場合もあります。なのでもしもっと懲らしめたいという思いが強ければ長期間にわたって証拠集めをする方法をおすすめです。そしてそのような探偵に依頼した確実な浮気の証拠を提示した場合、浮気をしていたパートナーや浮気相手の逃げ道は残されていない場合が多いのです。浮気をした事実を認めざる負えないのです。

浮気をした事実を認めるという事は離婚や慰謝料請求になったとしても反論の余地がないので自分が大変有利になる場合が多いのです。離婚裁判や慰謝料請求になった時に浮気の証拠がなければ離婚するのが難しかったり慰謝料請求が行えない場合がありますが、確実な証拠を押さえておけば大丈夫です。なのでもし相手の浮気を知ってしまった場合、まずは相手に対して怒りをぶつけるのではなく、一度冷静になり探偵に依頼して浮気調査をして、仕返しをするというのも1つの方法です。

夫婦関係上、浮気をするとそれは不貞行為にあたります。不貞行為は許されるものではありません。自分が負った辛い思いの分仕返しをして反省させましょう。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ