不倫発覚からの修羅場はこうなる!でもその前に浮気の証拠集め

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラムその他浮気不倫発覚からの修羅場はこうなる!でもその前に浮気の証拠集め

2016/09/29更新

不倫発覚からの修羅場はこうなる!でもその前に浮気の証拠集め

修羅場

あってはいけないこと、あってほしくないことではあるのですが、この世には不倫という行為が存在します。自分の愛すべきパートナーが自分以外を愛してしまう。許せないことですよね。そんな不倫発覚からの修羅場はどのようなものか、そして証拠集めの重要性について今回は説明します。

不倫発覚からの修羅場?

スマホの履歴や怪しい行動など、何かしらの行為からパートナーの不倫が発覚したとしましょう。それをパートナーに申し出て話し合いの場になった際、ほぼ確実に修羅場へと発展します。

「どうにも不倫をしているようだね、じゃあこの問題について冷静に話し合おうか」とはまずなりませんよね。おそらく不倫の話ともなれば感情が優先してしまい、まともに話し合うことなんかできません。

最悪の場合は自分や相手の主張が支離滅裂で互いに自分の言いたい事ばかり言い始め、第三者から見ればメチャクチャな状況になってしまうことも。

ある体験談では夫が妻の不倫現場に直接乗り込み、その場で妻を突き飛ばして大変な修羅場へと発展したという話もあります。そこまでしないよ、と思うかもしれませんが、本当に自分のパートナーが他の異性と抱き合っているのを見てクールに振る舞えるでしょうか。

人間は時として理性を失う生き物。規模の程度の差はあれど、怒号が飛び交うような、場合によっては物質が飛び交うような修羅場になることは確実です。

修羅場の前に証拠集め!

上記のような修羅場に発展する前に確実に行っておいてほしいことがあります。

それが浮気の証拠集め。

実は浮気などの行為がきっかけで裁判を起こす場合は「不貞の証拠」という決定的な証拠が必要になるのです。裁判まで起こす気はないと思われているかもしれませんが、先ほども言ったように不倫の現場を目撃すれば冷静ではいられませんし、そこから裁判まで直行ということもあるでしょう。

パートナーの不倫が怪しいと感じた際、あらかじめ不貞の証拠をしっかりと集めておけば裁判に発展しても大丈夫ですし、よりを戻すとしても証拠は必要になります。不貞の証拠があれば浮気していた側から離婚を持ちかけられることがなくなるのです。

修羅場に発展してから証拠を集めるのは困難、というよりも不可能に近いですからね。証拠を集めるなら修羅場に発展する前。少しでもパートナーの行動に怪しさを感じたときがベストでしょう。

不貞の証拠って?

不倫発覚からの離婚裁判で役に立つ不貞の証拠にはいくつかの条件が定められています。まず、パートナーが不倫相手と行ったメールのやり取りやキス写真などは不貞の証拠になりません。キス写真なんかは決定的な証拠に見えますが、これだけでは不貞行為とみなされないようです。

では、具体的に何が証拠になるかと言えば、不倫相手とラブホテルに入っていく写真や、ラブホテルへの滞在が40分以上であるという証拠、不倫相手の家へと入っていく瞬間の写真などです。これらの行為数回分の写真は裁判で役に立つ不貞の証拠となるので、積極的に入手しておきたいところです。

ちなみに、不貞の証拠の入手については自分で行っても平気ですし、プロに任せる方法もあります。自分で行って失敗すると、そこから修羅場に発展してしまうかもしれないので、よほどの理由がなければプロに任せておくのがいいかもしれませんね。

参考:不貞行為の時効は3年、夫や浮気相手への慰謝料請求について

まとめ

さて、不倫発覚からの修羅場や証拠集めについてはいかがでしたでしょうか。浮気は絶対にゆるせない行為ですが、証拠が不十分ではこちらが有利に事を運べません。どんな時でも事前準備は大切な物で、それは不倫を発覚させる場合も例外ではないのです。

少しでもパートナーに怪しい動きが見えたら即座に証拠集めに走り、よりを戻すか離婚裁判で相手に慰謝料を請求してください。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ