浮気相談は誰に?最適な相談先と5つの対処法

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラムその他浮気浮気相談は誰に?最適な相談先と5つの対処法

2016/10/14更新

浮気相談は誰に?最適な相談先と5つの対処法

浮気相談は誰に?最適な相談先と5つの対処法

パートナーに浮気されてもいいというほど寛容な人はいないと思いますが、その想いとは裏腹に、世の中には浮気をされてしまう人がたくさんいます。もしあなたが夫や妻、彼や彼女に浮気されてしまったら、どんな人に相談をするでしょうか。

浮気の相談と言ってもいろいなケースがありますから、「急に帰宅時間が遅くなったけど浮気しているの?」「自分以外の女性とメールをしているみたい…」というような疑いの場合もあれば、「浮気していることは明確で、どうしたらいいか悩んでいる」というような既に浮気の事実がわかっている場合もあるはずです。

現在、あなたが置かれている状況によって、誰に相談すべきかは変わってきます。場合によっては、できるだけ早急に専門家を頼ることがベストということもあるでしょう。そこで今回は、浮気の相談について詳しくまとめてみました。今、あなたが浮気の相談をしたいと思っているのであれば、きっとこの記事が役に立つと思います。もちろん、あらゆる人にとって覚えておいて損はない内容ですから、最後まで是非ご覧ください。

浮気の相談、あなたならどうする?

外を見つめる女性

もしあなたが自分のパートナーに浮気をされたら、誰に相談をするでしょうか。

相談しない

人間誰しもプライドがありますから、正直なところ、自分が浮気されてしまったことを誰にも公表したくないという気持ちは、少なからずあるはずです。中には浮気されたことを話すことで、相手に弱みを握られたような感覚を覚える人もいるでしょう。

それに、まだ疑っているという段階で人に相談してしまい、もしそれが勘違いだったときは少々恥ずかしい思いをしますし、何よりパートナーに対する罪悪感を抱くと思います。

確かに自分とパートナーの間で浮気問題を解決することができるのであれば、それに越したことはありませんよね。このような心理から、誰にも浮気の相談をせず人知れず悩む人もいるのではないでしょうか。

しかし、1人で悩んでいて問題がすんなり解決するとは考えにくく、反対にどんどんストレスが溜まってしまうだけで、結果的に2人の関係が破たんしてしったという事例もたくさんあります。もちろん、自分1人で解決できるという人であれば、無理に誰かに相談する必要はありませんが、悩んでいても解決の糸口が見つからない場合は、相談しないという選択はベストとは言えないかもしれませんね。

友達に相談

女性に多いのが仲の良い友達や同僚、親友に相談するパターンです。確かに友達なら普段から恋愛の話をはじめさまざまな話や相談をしているでしょうから、浮気の相談もしやすいかもしれません。これまであなたがパートナーとどんなお付き合いをしてきたか把握しているでしょうから、面倒な説明なしに相談できるのもメリットでしょう。

ただ、相談される側はあなたの友達ですから、あなたのことを考えて意見をするのではないでしょうか。例えばあなたのパートナーが浮気している可能性が高いと思ったとしても、あなたがショックを受けることを心配して本心を話せないこともあるはずです。

恐らくあなたと仲が良い友達であるほど、どうしても偏った考え方や意見になってしまい、客観的な意見が言えなくなってしまうという点はデメリットになるのかもしれません。

兄弟・姉妹に相談

友達には相談しにくいけれど、1人で抱えきれず誰かに相談したいという場合、兄弟・姉妹に相談する人もいるようです。大人になっても比較的仲が良い場合は、両親よりも兄弟・姉妹の方が相談しやすいのではないでしょうか。定期的に会ったり話をしたりしている関係であれば、離婚も検討するような深刻な状況であっても相談しやすいかもしれませんね。

ただし仲が良過ぎると、あなたのことを思うあまり、あなたとパートナーの関係に深入りし過ぎたり、熱くなり過ぎることもあり、場合によっては兄弟・姉妹の家庭にまで迷惑がかかる可能性があるのです。価値観が似ていることも多いので、客観的な意見がもらえるかどうかという点についても不安が残ると思います。

兄弟・姉妹の場合は自分の話を聞いてもらい、少し知恵を借りる程度にして、あとは状況によって話し合いの際にお子さんを預かってもらう位にとどめてておくのが良いのかもしれません。

両親に相談

人間、何歳になっても親を頼りにするものですから、パートナーの浮気の相談を両親にするという人もいるでしょう。しかし、両親こそ注意しておく必要があるのです。明らかにあなたに非がある場合を除いて、親であれば可愛い我が子の肩を持つに決まっています。

自分が苦労して育てた息子や娘が浮気されたと知って、激怒するようなケースもあるでしょう。もし問題が解決して2人が関係を続けていく場合であっても、相談したことでいつまでもあなたのパートナーに対して嫌悪感を抱き続けることも多いはずです。あなたがまだ結婚前の場合、結婚に反対されることも考えられます。

また、あなたが結婚している場合は、あなたとパートナーだけでなく、パートナー側の親族と両親の関係にも影響が及ぶ場合があるので、両親への相談については慎重に考えておいた方がいいのかもしれません。

NPO法人に相談

浮気や不倫の相談に応じてくれるNPO法人があります。NPO法人に相談するメリットは無料で相談できる点。カウンセラーがあなたの状況をヒアリングしたうえで、客観的な立場から適切なアドバイスをしてくれることでしょう。

悩みを人に話すだけで冷静になれたり、考えが整理できたりすることがありますよね。また、話を聞いてもらうだけで、気持ちも楽になるはずです。

真っ当な運営をしている団体であればプライバシー厳守ですし、メール対応しているところもあるでしょうから、最初の相談先として良い面はたくさんあります。ただ、賛助金や協賛金といった形で寄付をお願いされることもありますので、その点は頭に入れておきましょう。また、浮気の証拠集めや裁判となるとNPO法人は専門外となりますので、別の機関に依頼する必要が出てきます。

探偵に相談

探偵事務所に浮気の相談をする人もいるでしょう。探偵に詳しくない人は「探偵は浮気調査をやってくれるだけの業者でしょ?」と思うかもしれませんが、良心的な優良探偵社であればさまざまな浮気相談に応じてくれます。

実績ある探偵事務所は常に数多くの浮気調査を行っていますが、どんな浮気調査であっても最初は相談からとなります。経験豊富な相談員が対応してくれますし、匿名で相談OKという探偵事務所もありますから、アドバイスをもらうようなイメージで相談すればいいのです。

探偵に相談したからといって、実際に浮気調査を依頼する人ばかりではありません。中には相談してアドバイスしてもらっただけで問題解決するようなケースもありますから、1人で悩んでいるくらいなら探偵に相談する方がずっと良いと思います。自分の周囲に浮気されたことを知られることなく相談できるという点も大きなメリットではないでしょうか。

弁護士に相談

法律の専門家に相談するというのも1つの手です。弁護士が取り扱う案件は基本的に法律が絡むものですから、パートナーに浮気の浮気をきっかけに離婚を考えている場合や、慰謝料請求をしたい場合などは特におすすめです。

また、浮気によって別居した場合の生活費や、離婚の際の親権問題や養育費問題、愛人に関わる法律的な問題などについてもアドバイスをしてくれます。法律に関して苦手意識を持っている人も多いと思いますが、法的なことは知らないと損をしてしまうこともありますから、あらゆる法的アドバイスをしてもらえる弁護士は、非常に心強い存在と言えるでしょう。

ただし、弁護士は浮気の証拠集め(浮気調査)に関する業務は専門外になりますから、まだ浮気の証拠がない場合は先に探偵に相談するのがベストと言えます。

注意しておきたい浮気相談先

危険

ここで少し、浮気相談の際に注意しておきたい相手についてご紹介したいと思います。相談先を間違ってしまうと、思いもしない大変な事態に陥ってしまうかもしれません。十分に注意していただきたいと思います。

パートナーの身内

パートナーの身内はかなり危険だと思います。結婚していて配偶者の家族とも仲の良いという人は、力を借りたい一心で相談してしまうこともあるかもしれませんが、どんな状態であっても配偶者の身内は配偶者の身内です。例えあなたと仲が良かったとしても、あなたより自分の身内を大切にするでしょう。

相談してもあなたが責められたり、パートナーを擁護したりするでしょうし、あなたが相談したことがパートナーに漏れてしまうこともあるでしょう。

今は離婚請求や慰謝料請求まで頭が回らないかもしれませんが、後々、状況がどう変わるかわかりませんから、あなたが浮気を怪しんでいることがパートナーに知られることは絶対に回避しなくれはなりません。ですから、パートナーの身内に浮気相談をすることは絶対に避けておきましょう。

悪徳探偵

優良探偵社であれば、浮気調査から今後の相談まで、さまざまな面であなたの力になってくれるでしょうが、悪徳探偵はそういうわけにはいきません。とにかくお金儲けが目的ですし、満足な調査結果が得られることはないでしょうから、絶対に引っかかってはいけないのです。

それでなくてもパートナーの浮気で精神的に辛い状況のあなたが、悪徳探偵に引っかかってしまい、高額な調査料金を請求されたり、満足な結果を得られなければ、ダメージは二重にも、三重にもなるはずです。

悪徳探偵はホームページだけでは判断することはできませんが、例えば電話をしてみたり、メールで相談してみれば、対応の良し悪し等である程度、判断できることもあるでしょう。それでも心配なら大手の探偵社を選んでおくのが無難だと思います。

浮気相談のあと、あなたらどうする?

浮気の悩みを抱える男女

ここからは、浮気相談をしたあとどうするかということについて見ていきたいと思います。

浮気確率 0%

相談してみて「やっぱり思い過ごしだった」「自分の考え過ぎだった」という場合は、心の中で構いません、パートナーの浮気を疑ったことについてそっと謝っておきましょう。ただし、今回は浮気の確率が0%だったとしても、人間はいつ浮気をしてしまうかわかりません。

わずかであっても浮気を疑っていた時間、あなたはとても心配で不安だったことでしょう。その気持ちを忘れてはいけません。普段からパートナーに浮気されないよう、態度や口調に気を付けたり感謝の言葉を伝えたりと、できるだけ努力することが大切です。もちろん、今後もし浮気の兆候が少しでも現れた場合は、とにかく早めに対処してくださいね。

浮気確率 25%

浮気の確率が25%と低かったとしても、決して0%ではないのですから、これからも注意していかなければなりません。例えば、浮気を予防するために2人でルールを作るというのも良いでしょう。「異性と2人きりで食事をしたら浮気」「SNSやゲームで異性とやり取りしたら浮気」など、浮気の境界線を決めておくのもありですね。

もちろん、浮気をされないように日頃のコミュニケーションを大切にしたり、夫婦であっても恋人時代を思い出して時々デートしたりと、いろいろ工夫をすることが大切です。パートナーに浮気の兆候が見られたときにすぐ気づけるよう、普段から相手の言動に関心を持っておくことも大切ですよ。

浮気確率 50%

浮気の確率50%、ここからは危険水域ですから緊張感を持っておきましょう。浮気をしているかどうかの確率が半々ですから、どっちに倒れてもおかしくありません。とにかく早急に浮気の防止策を考えましょう。

例えば「Facebook上でお互い交際中や既婚を公表する」「飲み会終了後は必ず電話をする」「飲み会の際はその場の写真を送ってもらう」などもありだと思います。また、「浮気をしたら離婚する」としっかり宣言しておくなど、浮気したときにどんなデメリットがあるかを認識させておくことも大切です。

浮気確率 75%

浮気の確率75%ですから、恐らく浮気をしている可能性は大きいと思います。パートナーが浮気していた場合どうするかは人それぞれだと思いますが、いずれにせよ浮気の真実を突き止める必要があるでしょう。浮気の証拠が掴めていなければ言い訳されるはずですから、反省させることすらできません。だからこそ、何とか浮気の証拠を手に入れなくてはならないのです。

自分で浮気調査をするという選択肢もありますが、浮気している可能性大とはいえ100%ではありませんから、浮気調査がパートナーにバレるようなことがあっては絶対にいけません。もし浮気をしていなかった場合に、あなたが浮気調査していたことを知れば、パートナーが引いてしまう可能性もあるでしょう。結果的に2人の関係が破たんすることもあるのですから、慎重さが必要になってきます。

自分での浮気調査に限界を感じた場合や、最初から無理だと思っている場合は、浮気調査のプロである探偵に調査依頼をすることをおすすめします。

浮気確率 100%

誰かに相談した結果、浮気していると確信した場合や、相談する前からパートナーが100%浮気していることがわかっている場合、一体どうすればいいのでしょうか。

あなた自身が100%浮気を確信している場合であっても、明確な浮気の証拠がなければパートナーが言い訳をする可能性があります。ですから、必ず証拠集めをしてください。自分で浮気調査をして証拠を収集することを否定するわけではありませんが、そう簡単でないことは頭に入れておきましょう。

手っ取り早く証拠を得て、反省させるなり、離婚請求をするなり、慰謝料を請求するなりしたいのであれば、探偵に浮気調査を依頼することをおすすめします。浮気調査の経験が豊富な実績ある探偵であれば、効率的に証拠集めをしてくれるはずです。また、既に浮気の証拠があるのであれば、探偵ではなく弁護士に相談しても良いでしょう。

プロに依頼をするなら探偵と弁護士どっち?

探偵と弁護士

浮気相談ののち、浮気問題を解決するためにプロの力を借りる場合、探偵と弁護士のどちらに依頼するのが良いのでしょうか。探偵と弁護士は担当する業務が異なりますから、あなたの状況に応じて最適な方を選びましょう。

基本的に「探偵には浮気調査を依頼し、弁護士には調査結果をもとにした問題解決を依頼する」という点を覚えておけば、簡単に判断することができるはずです。

浮気の証拠がある場合

浮気の証拠が既に手元にある場合は、探偵ではなく弁護士に依頼しましょう。弁護士は浮気の証拠をもとに、離婚や慰謝料請求についてのアドバイスをしてくれ、あなたに代わってパートナーや浮気相手と交渉もしてくれます。裁判の際にも複雑な手続きをしてくれることでしょう。

しかし、この場合の「浮気の証拠」とは、法律的に通用するレベルの証拠を意味します。法律的に通用する証拠とは、あなたのパートナーと浮気相手が肉体関係を持っていることがわかる証拠で、「セックスの最中の写真」「ラブホテルに複数回2人で出入りする写真」「不倫相手の自宅に複数回出入りするパートナーの写真」の3つがそれにあたります。

あなたにとって、キスをしている写真や明らかに浮気をしていることがわかるメールのやりとりは100%浮気を確信する材料になるでしょうが、残念ながら裁判のうえでは効力が弱いのです。弁護士が行うのは法律事務ですから、浮気調査はできません。浮気調査が必要なのであれば迷わず探偵に依頼しましょう。

浮気の証拠がない場合

上記でご紹介した、法的に通用するレベルの浮気の証拠がない場合は、調査業務のプロである探偵に浮気調査を依頼しましょう。法的な手続きを代行してくれるのが弁護士なのに対し、探偵はあなたに代わって裁判でも使えるレベルの浮気の証拠を集めてきてくれます。

もちろん、探偵が浮気調査で証拠を集めてくれたあと、法律的な手続きとなれば弁護士を頼ることになりますが、優良探偵事務所であれば提携している弁護士事務所があるので、わざわざ自分で弁護士を探す必要はありません。

ちなみに、もしあなたが離婚を望んでおらず、パートナーに反省させて改心してほしいいう場合も探偵の浮気調査が役立ちます。事実、探偵に浮気調査をする人のうち離婚しない人の割合の方が多いのです。明確な証拠がなければ、結局浮気をしている側は反省せず、言い訳して浮気をやめません。しっかりと反省させるためにも明確な浮気の証拠を得ておくことが大切なのです。

浮気の無料相談ができる探偵事務所

探偵

ここからは、浮気調査に強く無料相談に応じてくれる探偵事務所を3社ご紹介したいと思います。

日本国内にはたくさんの探偵事務所がありますが、誰にでもおすすめできる探偵事務所はそれほど多くありません。しかし、ここでご紹介している3社は、国内500社近い探偵事務所をご紹介している弊社が自信を持っておすすめできる優良探偵事務所です。

優良探偵事務所の判断基準にはさまざまな項目がありますが、無料相談ができる点や経験豊富な相談員が親身に対応してくれるといった点も非常に重要になってきます。

多くの方が不安に思っているかもしれませんが、相談をしたからといって必ず調査依頼する必要はありません。優良探偵事務所だからこそ「相談にお応えしたあと、依頼するかどうかはお任せします」というスタンスですから、無理に勧誘されることもないのです。

浮気や不倫をを放置してしまったがために問題が深刻化したケースも多く見てきましたので、あなたがそうならないためにも、早めの相談をしてほしいと思っています。相談すれば解決の糸口が見えてくるのではないでしょうか。

成功報酬のHAL探偵社

HAL探偵社テレビなどのメディアで調査協力をすることも多いHAL探偵社は、成功報酬型&完全後払いという料金スタイルで人気を集めている探偵事務所です。初期費用0円で、費用が見積りから変わることがないという点も依頼者にとっては安心材料になるでしょう。公式サイトには匿名で利用できる無料の浮気診断シミュレーターがあるので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。見積りも無料なのでぜひ相談してみましょう。

調査力の原一探偵事務所

原一探偵事務所調査実績42年、解決実績8万件以上という業界トップクラスの実績を持つのが原一探偵事務所です。これだけの実績がありますから、調査力も高く、インターネットの口コミ評価でも好成績をあげています。調査報告書の質の高さも評判で、裁判でも十分通用しますから、離婚請求や慰謝料請求を少しでも考えているのであれば、原一探偵事務所に一度相談してみてください。相談だけでなく見積り依頼も無料ですよ。

比較の街角探偵相談所

街角探偵相談所月間相談者数2000人以上という最近、人気の街角探偵相談所は、上記2社以外にも比較してみたいという人におすすめしたい探偵のコンシェルジュサービスです。専属アドバイザーとやりとりするだけで複数の探偵社から見積りが取れるうえ、定価の20~40%の金額で見積りを出してもらえるので、コストが心配な人にもおすすめです。面談をすることなく見積り依頼ができるので、忙しい人もぜひ利用してみてください。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ