浮気調査の裁判に使える証拠で離婚時の慰謝料を倍増!?

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラム探偵の浮気調査浮気調査の裁判に使える証拠で離婚時の慰謝料を倍増!?

2016/09/29更新

浮気調査の裁判に使える証拠で離婚時の慰謝料を倍増!?

浮気調査で離婚時の慰謝料を倍増!?

離婚する時に付きまとうのが「慰謝料」浮気されたんだからその悔しさを出来るだけ多くの金額に反映させたいですよね。それには探偵に浮気調査をして貰って、反論できない位の確かな証拠を手に入れましょう!

離婚時の証拠は確実に!

あなたが離婚を言い渡す時にはすでにばっちりと証拠を掴んでないと逆に相手から返り討ちにあったりします。不確かな証拠、客観的に見て証拠にならない物をいくつ集めても何にもなりません。慰謝料を請求しようと思うなら、例え裁判になったとしてもばっちり使える確実な証拠が必要です。自分でこれは証拠になるな!と思うものが実は全く使えなかったりという事は多々あります。使えない証拠の為に、事実はあるのに証拠がないと慰謝料を減額されたりもします。ここは専門家に任せて、バッチリ証拠を掴みましょう。探偵にお願いすれば、そこまで計算して証拠を掴んで来てくれますので証拠に関しては裁判に使えるレベルのものをおさえてくれます。

浮気をされた悔しさ

思ってもみなかったのに浮気されたら、もう本当に夜も眠れない位腹が立つと思います。今すぐ相手に会って文句のひとつでも言ってやりたい気持ちになるのも解ります。ですが、先走ってしまって後先考えずに行動してしまっては慰謝料は減ってしまいます。向こうにその行動を「妻がヒステリーなので浮気した」という理由を作ってあげてしまうだけなのです。そんな事になってしまったら、これからの生活へ向けての慰謝料が減額されてしまいます。

悔しいのは解りますが、焦ってはいけません。相手を泳がす為に、普段と変わりない生活をし、確実に証拠を掴み、これからの生活に向けて前向きにプランを練り上げましょう。悔しい気持ちが慰謝料の値段です。まぁいいか。向こうもこう言ってるし。私にも悪い所があったし。等と甘い事を言ってしまったら、後で後悔してしまいます。相手を甘やかしてしまうだけでなく、慰謝料が少なかったらまた繰り返し浮気して生きていく事になってしまいます。そうならない為にも、ここで一度現実を見せ付けてやるのです。

浮気時に既に婚姻関係が破綻していた場合

浮気をした時にすでに家庭内別居などの状態になっていた場合や、すでに別居していた場合、セックスレス等の状態になっていた場合は慰謝料が取れない場合もあります。それとなくでも相手と仲良くする等、出来る事はしておきましょう。それとなくデートに誘ってみるとか、映画に誘ってみる等歩み寄る努力をしている事で明白を分ける事があります。立証が難しいと言えども、相手がそこをついてきたら慰謝料が少なくなってしまう可能性があります。

またセックスレスでも、はっきりとセックスが嫌だ!と言うのを証拠として持っていない限りは立証が難しいので、断る時は当たり障りのない理由を優しく相手が納得するように言うのがポイントです。相手が離婚を考えていて、それらを日記等に克明に書いていたら証拠にはなりますが、物的証拠にはならないので確実とは言えません。またその時に発言した事が証拠になりますので、そこで「あなたとは絶対にセックスしない!」等酷い言葉でなければそんなにパンチのある証拠にはなりません。

離婚を決めるまでは、色々悩むしこれからの事を考えると目をつむった方がいいのではないかと思うと思います。ですが悩んでいる時は、決してその悩んでいるのを悟られないようにして下さい。間違ってもパートナーに言ってしまうと、パートナーも物的証拠を排除したり浮気相手にしばらく会わない等して隠滅してしまい、もう証拠は取れないかもしれません。自分で結論を出すまでは苦しいけれども耐えるのです。そして離婚と決めたら水面下で、プロの探偵に頼み証拠を押さえてから離婚を言い渡しましょう。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ