嫁の浮気が許せない!証拠がなくても慰謝料請求できる?!

483
  1. HOME
  2. 浮気調査コラム妻・嫁の浮気嫁の浮気が許せない!証拠がなくても慰謝料請求できる?!

2016/09/29更新

嫁の浮気が許せない!証拠がなくても慰謝料請求できる?!

嫁の浮気が許せない!証拠がなくても慰謝料請求できる?!

浮気の慰謝料請求額はどれくらい?

離婚理由の上位に挙げられる浮気は、配偶者に与える精神的な苦痛が大きいこともあり、多くの場合に慰謝料が発生します。浮気の慰謝料の相場は一般的に200万円前後と言われていますが、場合によっては50万円から500万円など、幅があるのも事実です。
慰謝料の金額には法律的にルールが明確に示されているわけではありませんが、夫婦の婚姻期間や不貞行為の期間や回数、夫婦関係の破綻の有無などさまざまな要素が考慮されて算出されます。配偶者に何ら落ち度がないにも関わらず、浮気をくり返していた場合と、すでに別居状態で婚姻関係が崩壊寸前だったり、性交渉を拒否されたことが原因で浮気に走ってしまった場合などでは慰謝料の考え方も変わってきます。
他にも、浮気相手が妻が既婚者である認識があったかどうかや、夫婦間の子供の有無なども増減要因となります。

浮気の証拠品となるもの

嫁が他の男と頻繁にやり取りしているメールやLINE、電話などの履歴や内容だけでも、配偶者であるあなたからすれば大いに浮気の証拠と見えるかもしれません。でも、残念ながら裁判や慰謝料請求にまで持ち込もうとすると、証拠能力としては弱いというのが現実です。また、飲食店やホテルの領収書やレシートといった断片的な物証も不十分ということを覚えておきましょう。間接的で断片的な証拠だけだと、限りなくクロだと思えても肉体関係を決定づけるものにはならず、いくらでも言い訳ができるためです。

決定的な証拠として認定されやすいのは、浮気相手とホテルに出入りする様子が捉えられた写真や、肉体関係を示すような写真や動画といったものですが、夫であるあなた自身が誰にもバレることなく、そこまで踏み込んで証拠を掴むのは難しいと思われます。「嫁の浮気に制裁を!」とばかりにいきり立って、無謀な行動に出るのはかえって危険なので注意しましょう。

証拠がなくても浮気を認めさせる方法

メールや電話の履歴やホテルの領収書など、断片的なものしか集められない場合は慰謝料請求が難しくなりますが、弁護士の力を借りることによって逆転できるケースもあります。例えば、浮気相手に弁護士から連絡を取って、妻との不貞行為を認めさせるという方法です(※ 不貞行為の時効について)。浮気相手は遊び心のつもりだったのに、いきなり弁護士が出てくるとなると「面倒なことになる」と尻込みしてあっさり認めてしまうなど、小さな証拠だけでも有利に働くケースもあるのです。ただし、このあたりはバクチ要素が残っているのは否めませんし、それでも浮気相手がシラを切ればおしまいです。弁護士を雇う費用もばかになりませんので、最終的な手段としておさえておくと良いでしょう。

確実な証拠が欲しいなら

慰謝料請求するためには、やはり確実に浮気の証拠をつかむことがオススメです。それができるのは探偵事務所など、浮気調査や素行調査を得意とする業者です。探偵というとどこか軽い感じがしますが、探偵事務所がつかむ証拠は、調停や裁判での有効資料として使えるものがほとんどなんです。

中には、費用ばかりかさんで肝心の証拠が得られなかったというぼったくり業者もいますが、実績を積んだ探偵事務所であれば安心して浮気調査を任せられます。緻密な尾行調査や最新機器によって、浮気相手の顔写真や勤務先、住所なども明らかになるほどなので、「嫁の浮気相手にも慰謝料請求してやる」という場合も大いに役立つでしょう。そうなんです、慰謝料は浮気をしている配偶者本人だけでなく、状況に応じて浮気相手にも請求できるんですよ。浮気相手が妻を既婚者だと認識していた場合や、浮気を主導したのが浮気相手だったことなどが認定されると、浮気相手にも請求できる確率が高まります。

浮気をやめさせたい人へ
離婚したい人へ
浮気相手に慰謝料請求したい人へ